紀州屋良五郎の大衆演劇・上方芸能 通信 はてな版

大衆演劇については全国の劇場や公演場所に出かけ、その地での公演の所感・演出効果・劇団の印象を綴ります。さらに大道芸や上方落語、講談、音頭、漫才、見世物、大道芸、放浪芸、映画評についても思いつくままに書き留めてまいります。 末永くのおつきあいをよろしくお願いいたします。

▩ 映画『君はなぜ総理大臣になれないのか』を見た

 まいどおおきに〜映画メモでおます

 

 

 

 ふたたび映画館に、テーマは政治だ。

注目する一人の政治家のドキュメンタリーで監督は大島新。

 

〇 以下は上映館サイトからの引用、

 

衆議院議員小川淳也(香川1区、当選5)49歳。

2019年の国会で統計不正を質し、SNSで「統計王子」「こんな政治家がいたのか」と注目を集めた。

彼と初めて出会ったのは、20031010日、衆議院解散の日。当時32歳、民主党から初出馬する小川にカメラを向けた。「国民のためという思いなら誰にも負けない自信がある」と真っすぐに語る無私な姿勢に惹かれ、事あるごとに撮影をするようになる。地盤・看板・カバンなしで始めた選挙戦。2005年に初当選し、2009年に政権交代を果たすと「日本の政治は変わります。自分たちが変えます」と小川は目を輝かせた。現在『news23』のキャスターを務める星浩や、安倍政権寄りと評される政治ジャーナリスト・田﨑史郎ら、リベラル・保守双方の論客から見どころのある若手政治家と期待されていた。しかし...

 

君の未来は、私たちの未来かもしれない

 

いくら気高い政治思想があっても党利党益に貢献しないと出世できず、選挙区当選でなければ発言権も弱い。小川の地元である香川1区の対抗馬は、自民党平井卓也。平井は地元有力メディアである四国新聞西日本放送のオーナー 一族で、強固な地盤を持つ。そのため、小川は惜敗しては敗者復活の比例当選を繰り返してきた。権力への欲望が足りず、家族も「政治家には向いていないのでは」と本音を漏らす。2012年から安倍政権が始まると、我慢の時期が続く。そして、2017年の総選挙では、希望の党への合流を決断した前原誠司の最側近として翻弄されていく。小池百合子代表への不信感から無所属での出馬を最後まで検討するが、前原や地元の盟友・玉木雄一郎への仁義というジレンマの中、苦悩は益々深まっていく。背水の陣の選挙戦に小川はどのように挑んでいったのかー。 17年間、小川を見続けた監督・大島新の目に映ったのは日本政治の希望か絶望か。小川を通して日本の未来を問いかけていく。

キャスト・スタッフ

監督:

大島 

出演:

小川淳也

1971香川県高松市生まれ。高松高校東京大学を経て、1994自治省(総務省)に入省。2005年初当選。民主党民進党希望の党を経て無所属。20203月現在、立憲民主党・無所属フォーラムの会派に属し、「桜を見る会」を追及する質疑で注目を集めている。著書に『日本改革原案 』など。

製作・配給:ネツゲン 配給協力:ポレポレ東中野 (2020/日本/116)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎所感◎

与党とか野党とかという考え方自体が今の時代に合わない。

そうだ、政治、政治家が全く機能していないのだ。ほとほと、政治というものに辟易した気分の昨今、政治家に求められる要素がこの映画を見るとぼんやりと見えてきた。

わかりやすさ、真面目でおもしろくて、元気‥…

小難しさや小理屈、しかめっ面、とかく批判派は理屈好きで真面目だが暗い。

それでは時代は変わらない。

立憲、維新、社民、共産、公明、自民に全く興味がない。しかし人物に絞ると……

党派、イデオロギーを超えて引きつけるふしぎな魅力がある代議士の実像を見た。