紀州屋良五郎の大衆演劇・上方芸能 通信 はてな版

大衆演劇については全国の劇場や公演場所に出かけ、その地での公演の所感・演出効果・劇団の印象を綴ります。さらに大道芸や上方落語、講談、音頭、漫才、見世物、大道芸、放浪芸、映画評についても思いつくままに書き留めてまいります。 末永くのおつきあいをよろしくお願いいたします。

▩ 映画『タイトル 拒絶』を見た

〇 まいどおおきに〜映画メモでおます

 

 
〇 『タイトル 拒絶』というタイトルの映画を見た。
 

タイトル、拒絶

2019 年 / 日本 / 98 分 / R15+ / アークエンタテインメント 配給

監督・脚本山田佳奈

出演伊藤沙莉恒松祐里佐津川愛美片岡礼子田中俊介、般若 、でんでん

公式サイトhttp://lifeuntitled.info/

――新進気鋭の山田佳奈監督による、女たちの本音に寄り添った先鋭的なオリジナル作品。本作は、舞台演出家、脚本家として活躍する山田佳奈監督自身により 2013 年に初演された同名舞台の映画化で、長編初監督作品となる。それぞれが抱える事情に抗いながらも力強く生きようと進むセックスワーカーの女たちの姿を描く。主人公・カノウを演じるのは、出演作が相次ぐ実力派女優の伊藤沙莉。カノウは、以前に体験入店で店に来たものの、いざ行為の段階になって怖気づいてホテルの外に助けを求めて逃げ出した女。伊藤自身「誰にも渡したくなかった」と話すほど意欲的に臨んだ役だ。癖の強いデリヘル嬢役を恒松祐里佐津川愛美、森田想、円井わん、行平あい佳、野崎智子、大川原歩、そして片岡礼子ら個性豊かな女優陣が演じる。ほか、モトーラ世理奈、池田大、田中俊介、般若、でんでんなども出演。昨年の第 32 回東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ」部門でワールドプレミア上映を飾り、主演の伊藤沙莉が東京ジェムストーン賞を受賞。今年の 7 月に開催された第 24 回富川国際ファンタスティック国際映画祭(韓国)では、チケットが即完売するほどの注目作として上映された。また、JAPAN CUTS 2020(米)に続き、Fantasia International Film Festival(カナダ)でも上映が決定。国内外を躍進し続けている。

 

 

【所感】
2013年に劇団「□字ック」で上演された舞台の映画化作品である。
 
セックスワーカーの女達の群像をリアルに描いている。
 
「私の人生なんて、クソみたいなもんだと思うんですよね」と語る主役・カノウ(伊藤沙莉)の核心にせまる独白からはじまり、引き込まれる。
 
場面がすすむにつれ彼女たちの本音の激しいやりとりが展開され、人生の一面が活写されていて実におもしろい。
 
デリバリーヘルスの事務所の光景はバブルの頃の名残をとどめてはいるが少し前の時代であるようにみえる。
 
いつの時代も性を商う仕事は尽きない。それは人間の本性・本能に基づくからだろう。かつての芸者置屋が事務所になったようなものだ。
 
ほんとうの金主は表にはでない。これは、現在の飛田遊郭でも同じだ。
 
仕切るのは店長、商品は「おんな」。
 
デリヘルならドライバーが管理業務も担う。店がうまく回るかはこの映画にも描かれる女性マネージャーの役回りだ。やはり、女性心理を掴むのは女性が巧みだ。
 
最近のセックスワーカーはもっといりこんでいる。スマホアプリを使った「じか引き」や「美人局」、いわいる「ママ活」が横行している。外国人も絡みプロもびっくりするくらいらしい。
 
高校生から主婦、男娼も自ら営業する大変なセックス大国!それが日本の実情なのだ。
 
詳しく書けないが映画より凄まじい世界が現実にある。
 
風俗記事も書く紀州屋良五郎