紀州屋良五郎の大衆演劇・上方芸能 通信 はてな版

大衆演劇については全国の劇場や公演場所に出かけ、その地での公演の所感・演出効果・劇団の印象を綴ります。さらに大道芸や上方落語、講談、音頭、漫才、見世物、大道芸、放浪芸、映画評についても思いつくままに書き留めてまいります。 末永くのおつきあいをよろしくお願いいたします。

▩ 近藤光 生誕43年 記念公演 劇団雪月花(桜川翔) 九条笑楽座 2020/12/19

〇見てもろておおきに〜まいどおなじみの観劇メモでおます

 斬新な新作芝居を公開、上昇・進化する劇団を見るのは楽しみだ

 

★ 九条笑楽座 スケジュール

01月  劇団紫吹

02  満劇団

03月  里見劇団

 

劇団スケジュール   

01 香川・ベッセル

02 庄内天満座

03 堺東羅い舞座

 

メンバー

座長 桜川翔

近藤光

桜川明音

桜川れいか

桜川明澄心

大和 

 みゆり

あまつ秀二郎

 

ゲスト

美理剣

ほか

☆ 祝賀の舞   近藤光

 

本日の主役  近藤光  さんのこと

近藤光 プロフィール】

 

 2歳、

  日本舞踊(吉三寿流)初舞台を踏む。

 5歳、

  東映演技児童劇団(現・東映アカデミー)に入団。

12歳、

  吉三寿流 名取を襲名(吉三寿光一)

13歳、

  音楽に目覚める。

17歳、

  劇団フールズキャップ旗揚げメンバーで参加。

18歳、

  DTMに手を出す。

19歳、

BANDSLUM ROSE」にHELPで参加を始める。 DrumのちにBass

20歳、

  東映アカデミー退所。

  アイドルに詞を初提供。

 (スカパー旅チャンネル=エンディングテーマ)

21歳、

  声優として活動してみる。

26歳、

  東映アカデミー日舞講師として契約。

27歳、

  BANDRED COW-BOY」を組む。

  さくらさくらこに詞を提供。

 (映画三姉妹物語=主題歌)

30歳、

  音響会社Art Sound MITSUHOを設立。

32歳、

  舞踊家として表舞台で活動を始める。

       以降、舞踊家・俳優・音響として活動。

 

舞踊家・俳優として商業演劇大衆演劇に出演。

音響では坂上忍プロデュース公演や多くの舞台で

オペレートを担当。

 

37歳、

近藤光とRYUSUKE名義でyoutube番組を配信しながら東京を中心に舞踊ショーを公演。

現在は大衆演劇にて活動。

劇団雪月花所属。

 

 

☆ 新作芝居 『風魔外伝 愛する者よ、死に候え』

 

 

 

・近藤光さんの書き下ろし

 北條家に使えたとされる実在した忍者・風魔一族をテーマにした物語。

 大衆演劇で忍者が主題となるのは珍しい設定だがゲーム界や若い人の間で最も身近な時代物としての『ninja』は興味をそそる題材である。

 

・オールメンバーがninjaで出演

・商業小演劇風、闇と光の演出が効果を高める

・キャストはプロジェクター字幕で紹介

 

(あらすじ)

・近藤光‥風斬りの新兵衛、新八

・座長・桜川翔‥風魔小太郎

・満みゆり‥風魔の仲間

・あまつ秀二郎‥新太郎

・大和樹‥山賊

・女房・寧々‥桜川明音

・妹の琴音・‥桜川明澄心

・山賊の頭‥美理剣

ほか

 

ある日、山賊一味に幼子と父を殺された女房。

 

犯人は風斬り一族の仕業と睨み復讐の鬼と化す

 

そして、しのびとなり激しい復讐の戦いを挑む。

 

もはや、人であることをやめたごとくに。

 

復讐ゆえに風斬りの女房となった寧々、怨念を晴らすため数々の苦しみを与えることに歓びを感じる

 

新八を死に追い込み、新八の女房となっていた琴音にまで手をかける

 

 

そして、わが子新兵衛にまで復讐しようとする。

 

自らの宿命を断ち切るために…かなしい結末の物語である。

 

 

 

大衆演劇のパターンを度外視した芝居で劇団雪月花の新しい実験が見える。

 

若い世代をも引き込むそのパワーを私は評価する。

 

新しい芝居で大いに大衆演劇界を盛り上げてほしいと願う。

 

劇団雪月花が新しい境地を更に広げていくことを心から願う。

 

 

舞台口上   近藤光

 

・昨年の風魔外伝に続くものとして公演させていただきました。

大衆演劇的でないものをやってみたいという僕のこだわりを座長はじめ座員の協力を得まして作品にして上演させていただきました。

 

せっかくやるんだったらめずらしいもの、おもしろいもので楽しんでいただきたいと考えこの芝居をつくりました。

 

私は大衆演劇に入る以前は小演劇に関わってきました。

 

そういう経緯から今の大衆演劇にはない、ちょっとアニメ的な世界をこの舞台でやって見たいとかねてから思ってきました。

 

お客様によっては少しわかりづらいという点はあったかもしれませんが今回の公演で、大入りをいただけたのも皆さまのおかげと感謝しております。

 

【文責・紀州屋良五郎】

 

 

 

 

 

歌謡舞踊ショー  

 

【画像】

 

ピンチをチャンスにする逞しさが劇団雪月花にみなぎる・紀州屋良五郎