紀州屋良五郎の大衆演劇・上方芸能 通信 はてな版

大衆演劇については全国の劇場や公演場所に出かけ、その地での公演の所感・演出効果・劇団の印象を綴ります。さらに大道芸や上方落語、講談、音頭、漫才、見世物、大道芸、放浪芸、映画評についても思いつくままに書き留めてまいります。 末永くのおつきあいをよろしくお願いいたします。

▩ 映画『すばらしき世界』をみた

〇 まいどおおきに〜映画メモです。

 

〇 欠かさず見てきた西川美和監督の話題作である。

 

 

 


 


 

 

 

 

STORY

下町で暮らす短気な性格の三上(役所広司)は、強面の外見とは裏腹に、困っている人を放っておけない優しい一面も持っていた。過去に殺人を犯し、人生のほとんどを刑務所の中で過ごしてきた彼は、何とかまっとうに生きようともがき苦しむ。そんな三上に目をつけた、テレビマンの津乃田(仲野太賀)とプロデューサーの吉澤(長澤まさみ)は、彼に取り入って彼をネタにしようと考えていた。

キャスト

役所広司、仲野太賀、六角精児、北村有起哉、白竜、キムラ緑子長澤まさみ、安田成美、梶芽衣子橋爪功

スタッフ

原案:佐木隆三
脚本・監督:西川美和
プロデューサー:西川朝子、伊藤太一、北原栄治
撮影:笠松則通
照明:宗賢次郎
録音:白取貢
美術:三ツ松けいこ
音楽:林正樹
編集:宮島竜治
衣装デザイン:小川久美子
ヘアメイク:酒井夢月
サウンドエフェクト:北田雅也

上映時間
126分

〇 見たまま感じるまま 〇

役所広司の演技が素晴らしいくいい。もうこれに尽きる。収監された時の「身分帳」をたどるようにゆっくりと丁寧に物語が始まる。凄惨さはない。誰もがふと気がつけば塀の向こうに足を踏み入れる自然さが鮮やかに実に上手く描かれる。アリの目のように人間の『底』を描く西川美和監督には敬服する。とても細かく、微細なものも見落とさない。極道に身を置いた人間がこの裟婆で生き抜く事のむずかしをテーマしたこの映画は『弱きもの、虐げられたもの、もたざるもの』にも眩い閃光を注ぎ込む。

そして、音楽とともにそれがたまらなく温かい。裟婆で生きていく自信を掴み、愛妻とも会うことになった嵐の夜に彼が夢見た世界がきっと『素晴らしき世界』だったと想う。けっして覚めることのない永眠の夢だったのだ。

ひとりでも多くの人にぜひ、見て欲しい作品だ。

人は有限の生き物だ。刑期を終えても命の刑期は万人に訪れる。だからこそ自らの『素晴らしい世界』を見つける為に求道者のようにもがき続けたい。