紀州屋良五郎の大衆演劇・上方芸能 通信 はてな版

大衆演劇については全国の劇場や公演場所に出かけ、その地での公演の所感・演出効果・劇団の印象を綴ります。さらに大道芸や上方落語、講談、音頭、漫才、見世物、大道芸、放浪芸、映画評についても思いつくままに書き留めてまいります。 末永くのおつきあいをよろしくお願いいたします。

▩ 新体制がチャンス、羽ばたく劇団 劇団寿(寿翔聖) 九条笑楽座 2022/04/20

〇見てもろておおきに〜まいどおなじみの観劇メモでおます。

〇若座長 寿美空さんは20才になった。

〇独特のユーモアは座長のきらめき

〇ベテランメンバー加入で舞台の厚み増す

 

〇九条笑楽座のファンはあったかい

〇立ち上げ以来9年、ユーモア日本一の座長。

 

〇入門したのは黒潮幸次郎(現在・たつみ演劇BOX)さんのところでしたと座長。

 

〇 私がこの劇団を見続けているのは家族愛、それに、寿美空さんへの期待からである。彼は宝海大空に迫るいい役者になるだろう。

 

〇 初めてこの劇団に出会ったときの印象は、韓国映画『風の丘を越えて/西便制』を見たときの感動を呼び起こす余韻があった。旅する芸人、父と子。見続けていたいと思い今に至る。

 

 

 

 

 

 

 

 九条笑楽座のスケジュール

5 劇団あやめ

6 正舞座

 

 

 

 

 

メンバー

座長  寿翔聖  

若座長 寿美空  

寿福丸

大和樹

沢村玲華

寿珠里

恋月彩圭

 

ほか

 

顔見せミニショー   

 

 

芝居「新月桂川 

〈配役〉

座長‥親分

寿美空‥源太

寿福丸‥新吉

大和樹‥子分

恋月彩圭‥茶店の女将

沢村玲華‥鳥追い女

寿珠里‥お嬢さん

 

🌿参考🌿

http://haginohara.blog.fc2.com/blog-entry-394.html?sp

 

 

【あらすじ簡略】

 

親分が困った顔で一家に戻った。

桂川の相分を巡り揉めている。そこで、頼みがあると新吉、源太に話を切り出した。

 

義重の首を撥ねた方に跡目を継がせ、娘も娶らせ一家をまかせたいと親分。

 

それを聞いて我先に駆け出す、源太と新吉。

 

討ちとったのは源太だったが‥お嬢さんの心は

新吉に傾いていた。

 

それを知った源太は茶店で酒浸り、そこに現れた鳥追いの女、酒代に困る女を助けるかわりに

頼みがあると切り出す。

 

それは、弟分の新吉に跡目とお嬢さんを譲るため一芝居を親分の前で打つことだった。‥‥

 

潔く、一家を去る源太。真実を知り、源太を探す親分、一家のものたち。

 

鳥追い女と道行く源太

 

幕。

 

 

舞台口上  若座長 寿美空  寿福丸

・前売り券&グッズ販売

・イベント紹介

 

舞踊ショー  

 

・ラストショー   ねぶたバウンド

 

※年々充実している衣装と舞台照明

 

【画像】

ベテラン加入でパワーアップ。芝居と舞踊に磨きがかかる寿美空・紀州屋良五郎