紀州屋良五郎の大衆演劇・上方芸能 通信 はてな版

大衆演劇については全国の劇場や公演場所に出かけ、その地での公演の所感・演出効果・劇団の印象を綴ります。さらに大道芸や上方落語、講談、音頭、漫才、見世物、大道芸、放浪芸、映画評についても思いつくままに書き留めてまいります。 末永くのおつきあいをよろしくお願いいたします。

▩ 正舞座 九条笑楽座 2022/06/24

見てもろておおきに〜まいどおなじみの観劇メモでおます。

 期待は絶対裏切らない劇団だ。

結成4年、益々充実の舞台。

当ブログ 絶賛おすすめ劇団  芝居の精度は星5つ

正舞座のイベント演目は劇団公式Twitter参照

正舞座(しょうぶざ)は芝居で真剣勝負する劇団だ!そんな劇団が私は好きだ。

 

★ 九条笑楽座 スケジュール

7  劇団丞弥

8  劇団澤宗

9  劇団神龍

 

正舞座  スケジュール

7  あがりゃんせ雄琴

8  庄内天満座

9  おぐら座

 

メンバー

座長  要正大

颯天蓮

陽月ゆり

舞咲花奈

舞咲碧士

舞咲龍菜

舞咲輝哉

陽月輝哉

 

後見  かつき浩次郎

 

 特別ゲスト  長谷川桜

 

 

芝居「浅草三兄弟」

 

<あらすじ>

要正大‥半次

長谷川桜‥和泉屋の娘/吉松女房おさよ

陽月ゆり‥和泉屋女主人お紺

舞咲碧士‥祐天吉松

陽月輝哉‥金五郎子分

かつき浩次郎‥南町同心  立花金五郎

 

ほか

 

あらすじ

 

浅草三兄弟と呼ばれるスリの一味がいた、スリの兄貴分の立花金五郎と、手下の半次と吉松。

 

ある日、吉松は、和泉屋の娘の紙入れを狙うが役人に捕まりそうになり踏み、取り押さえられてしまうところを和泉屋の女主人に助けられ恩情をかけられる。

 

吉松から、田舎の両親に金を送りたかったという話を聞き、女主人は財布ごと金を渡し、真面目に働くことを勧める。この優しい心に打たれた吉松は固く堅気になることを誓う。

 

実は、役人というのは偽りで浅草三兄弟の兄貴分金五郎うだった。和泉屋の女主人が哀れに思い、同心役の金五郎に袖の下を渡し吉松を助ける。

 

吉松は伏して堅気になりたいと兄貴分にねがう。

五体をばらばらにされても、と言いかけたところをもう一人の兄貴分半次が助ける。

 

伊勢屋一行が去った後、同心役の金五郎が再び現れ、ドジを踏んだ吉松を叱咤し、和泉屋からもらった金を取り上げる

 

吉松は金五郎に、スリ稼業から足を洗い堅気になりたいと申し出るが、金五郎はこれを許さず、腕を斬り落そうとする。

 

そこへ、吉松の兄貴分の半次が現れ、吉松をかばって逃がし堅気になるのをゆるす。のち金五郎と争いとなり、半次も金五郎と袂を分かつ

 

時がながれる‥

 

あの出来事がきっかけで和泉屋で働くようになった吉松は、真面目に懸命に働き、さらにお嬢さんに見染められ和泉屋の娘婿、若旦那となっていた。

 

そこへ、久しぶりだなあと、スリの兄貴分の立花金五郎が、落ちぶれた姿で現れる。

 

吉松、堅気の姿が似合うじゃねえか、俺は高飛びするのに路銀をくれねえかと無心を言う。そんな端金じゃあだめだ十両もってこい。

 

吉松は、そんな大金、自分の自由にはできませんと最初は断るが、嫌だと言うなら昔の素姓を店の者にしゃべってもいいんだ脅し凄む。言葉を聞いて、暮六つまでに届けてくれと言い放つ。吉松は勢いに押され承知してしまった。

 

金五郎が帰り、途方に暮れているとに今では薬の行商人となった半次兄貴が吉松のもとを訪れた。吉松の顔色から何かあったと悟った半次。

何があたのかと聞き出す。いきさつを話す吉松。

 

全てを飲み込む半次。一切、俺に任せておけ、心配はいらねえ。小気味よく啖呵をきり、金五郎の元へと向かう。一部始終を聞いていた義母が家宝の刀を持って加勢をと送り出す。

 

一方、半次は金五郎に十両のカネを差し出し、納めてくれと願いでるも、にべもなく拒絶。諍いとなるも差しちがえ深手を負う半次。

 

駆けつけてきた吉松。涙流し、詫びる。吉松のためじゃない。あの時、片腕落とされても堅気にというお前に心を動かされたんだよ。

 

俺は元の道に戻ってしまったがお前をみて、また、堅気になりたいと心に決めた。何故、吉松お前はここにきたのか、お前が守らなくてはいけないだいじな人がいる。

 

と、いうなり、そこへやって来た。和泉屋の女主人お紺と吉松の女房。二人して、頭を下げ詫びる。どうか、吉松は堅気の腹を決めた男ですどうか守ってやって下さいと頼む。

 

女房のおさよの呼びよせ、末は頼むと言渡し、二人の手を結ばせて、半次の命の灯火は果てていく‥

 

 

******************

 

*実に迫力ある芝居、決まる芝居、さすがだ。隙がない。芝居の醍醐味を感じる劇団。

 里見要次郞に入門し、若葉しげるからも芝居を学ぶ本格派の座長、それが要正大だ。

人情芝居は泣かしてなんぼなのだ。!

 

******************

 

☆ 舞台口上   要正大座長

・座長、地球環境問題をわかりやすく語る

LED照明やら牛のゲップ、EV車と原子力発電にいたるまで幅広い話題の座長

・ゲスト紹介

・前売り券&グッズ販売

*座員が増えているのは凄いこと

 

■ 舞踊ショー

 

ど肝抜くバラエティに富むショー構成はさすがだ

 

ラスト  

 

 お客様を徹底して楽しませる座長・要正大!

ラスト  

 

芸道魂を燃やし尽くす熱狂的舞台。

総勢、新人含む、きっちり舞踊揃う群舞の華麗さは大衆演劇界指折りといってもいいぐらい美事。

 

【画像】

芝居もショーも緻密な演出と完成度は最高・紀州屋良五郎