紀州屋良五郎の大衆演劇・上方芸能 通信 はてな版

大衆演劇については全国の劇場や公演場所に出かけ、その地での公演の所感・演出効果・劇団の印象を綴ります。さらに大道芸や上方落語、講談、音頭、漫才、見世物、大道芸、放浪芸、映画評についても思いつくままに書き留めてまいります。 末永くのおつきあいをよろしくお願いいたします。

▩ 劇団澤宗 此花演劇館 2022.12.02

☆ まいどおおきに〜観劇メモでおます

☆ 久しぶりの劇団澤宗

★劇団澤宗の魅力の源泉は①にも②にも芝居のわかりやすさだ。

 

 

☆ 夜公演は土曜日のみ  

     平日は昼とイブニングショー

 

☆ 劇団澤宗は此花演劇館の2カ月公演

 

メンバー  (劇団連名表)

座長  澤宗城栄

座長  澤宗千惹

若座長  澤宗千丸

澤宗白夜

澤宗一六八

澤宗小春

後見  澤宗宗二郎

 

 

 

芝居「御用晴れ晴れ街道」

 

主演‥澤宗千惹

 

キャスト

 

スリの正吉‥澤宗千惹

大工でおつたの男むささびの源五郎‥澤宗宗二郎

若旦那…澤宗千丸

役人…澤宗城栄

芸者おつた‥澤宗一六八

ほか

 

 

 

道楽者の大工の男がいい仕事ばなしがあるとの口実でおつたにカネの無心をせびる。

 

 わかりやすい  芝居の筋立てを演者が客席に自然の会話で説明する。

これは、ひとりごとのかたち。

 

まんまと騙された、おつたは10両のカネを若旦那から借財し大工の男にわたす。

 

そこに、ふと現れたスリが芸者おつたの紙差をスル。

陰に潜んでいた役人が見逃さず飛び出した。

 

訳をかたりはじめるスリ。爺さんが病身で薬代のためにと理屈を語るも辻褄があわない。

 

 しばし‥客弄り

 

そこで、助け船を出す芸者おつた。

紙差をそっと渡してやる。それをもって旅にでるという。

ならば、必ず堅気になるんだといいわたす。

 

そこへ、一通の手紙、そるはあの男、源五郎からだった。同じ置屋の芸者仲間だった女と逃げた。

 

落胆した、おつたを救ったのは若旦那だった。いつしか二人は恋仲となり世帯を持ち、子まで授かり幸せに暮らすに至った。

 

そんなころ、あの男、源五郎が女に捨てられみすぼらしい姿で帰ってきた。

 

と、同じころ、おつたに助けられたスリの正吉も帰ってきた。一目会いたいとおつたの店をたずねる。

 

そこへ、仲睦まじい若旦那と二人連れが通る。

それを見ていた。スリの正吉、が、もう一人飛び出した源五郎が鉢合わせ。

おつたに、難癖をつけはじめた筋違いの源五郎

 

さあ、どうなるのか、この芝居。

賢明な大衆演劇ファンのみなさまならおおよそ察しがつくだろう。

 

ここから、結末は舞台で‥

 

*終始、澤宗千惹の独壇場であった。

 

 

★ 口上挨拶   座長  澤宗千惹

 

 

 役者は休みがないのが難点でしたが最近は週一の休みをとるようになってきた。

しかし、それが収益にはやはり影響があるんですよ。

 

今公演は2ヶ月ここでやらせて貰います。

今月は澤宗城栄・澤宗千惹の二枚看板で、来月は澤宗千丸と花形・澤宗白夜でおおくりします。

折り目正しい、丁重な挨拶。

 

 

舞踊ショー

 

私の選んだ名女優

市川恵子 晃大洋  澤宗千惹  笑川美佳   三河屋諒 辰巳小龍   藤乃かな 愛京香 竜蘭華 

浪花めだか 美穂裕子 颯天蓮 雅舞子 橘鈴丸 澤村かな 長谷川桜 松丸家美寿々

大日方皐扇 城月ひかる 都ゆかり 宝華弥寿 龍魔裟斗 つばさ真琴

 

澤宗千惹の天才的笑話芸は、大衆演劇界の上沼恵美子藤山直美に匹敵する。

 

【写真】

 

舞台を回し、仕切り、笑いを盛り上げるたいした大女優、澤宗千惹・紀州屋良五郎