紀州屋良五郎の大衆演劇・上方芸能 通信 はてな版

大衆演劇については全国の劇場や公演場所に出かけ、その地での公演の所感・演出効果・劇団の印象を綴ります。さらに大道芸や上方落語、講談、音頭、漫才、見世物、大道芸、放浪芸、映画評についても思いつくままに書き留めてまいります。 末永くのおつきあいをよろしくお願いいたします。

▩ 嵐瞳劇 華舞台星天座 2023/02/02

 見てもろておおきに〜まいどおなじみの観劇メモでおます。燃えたぎる座長の芝居魂。

 味のある深い芝居は嵐瞳劇  充実の演目が連日

昼夜演目替えも  

(別掲)

 

華舞台 星天座スケジュール

03 森川劇団

 

嵐瞳劇  スケジュール

03 大江戸温泉箕面

04 瓢簞山劇場

05 紀の国ぶらくり劇場

 

メンバー

座長  嵐山瞳太郎

葉山萌香

葉山桃羽

葉山花凜

葉山京香(太夫)

高野花子

 

ゲスト出演

實川輝那(戟党市川富美雄劇団)

長縄龍郎(劇団龍の風 座長)

 

 

特選狂言「お雪情話」

医者になるのを夢にみながら盗賊に身を落とすも、

支える女に助けられ再び立ち上がる物語

 

《配役》

嵐山瞳太郎座長‥太吉

葉山萌香‥お雪

高野花子‥おまつ

葉山花凜‥盗賊

葉山桃羽‥役人

實川輝那‥盗賊の頭

長縄龍郎‥役人・佐々木新之介

ほか

 

 

盗賊三人組が盗みから逃げてきた。

逃げ遅れたのは太吉。もとは、医者を志した男だった。 

 

太吉は着物を着替えて何食わぬ顔で通りに立っている。

 

そこに現れた役人新之介、太吉を怪しむ。

それを逃れていく太吉。

様子をさぐらせあとを追う役人。

 

商家の大宮の奉公人のお雪を捕まえて鍵のありかを探ろうとする盗賊たち。

大宮の金を盗み出し、上方に行こうと計画してた

 

人質にとったお雪を始末しようと手にかけようとする太吉であったが‥ 

故郷の長持唄を歌うと、おゆきはそれは大好きな故郷の歌だという。

奇遇にも、太吉とおなじ故郷、仙台の出だとわかる。

 

情に惹かれ、太吉はお雪を連れ逃げる。

 

時流れ‥

 

二人はやがて、太吉の長屋で暮らしていた。

 

これは、お雪を盗賊から匿う為であったが次第に太吉に惹かれていくお雪。甲斐甲斐しく、けがの手当をしてやる太吉だった。

 

その手は人を助けるための手だ!ここにずっといさせてくださいとお雪。

 

盗賊から足をあらいたいと思うようになった太吉。

 

そこへ盗賊が探しだしてやってきた。頭に訳を話しに行けばと言われてお雪を残し、頭のところへ出かけて行く太吉。

 

駆けつけるも盗賊の手下にお雪は刺され深手を負ってしまう。

 

深手のお雪を背負い戻る太吉。

お雪に花嫁衣装を着せ、祝言をあげる約束を果たそうと長持唄をうたう。

その太吉の腕の中で息絶えるおゆき‥

 

 

………………………………………………

 

舞台口上  (嵐山瞳太郎座長)

・いつも芝居にかける熱い思いを語る座長。

・座長自身の経歴を話す。

    森川劇団〜たつみ演劇BOXを経て旗揚げ6年目を迎えましたと。

・情報の発信力は座長のなかでもピカいち←私は思う。

・座長率先で前売り券&グッズ販売

image

 

歌と踊りのグランドショー

 

☆ ラストショー

・特選ラスト「森の石松〜閻魔堂エレジー

・芝居風味のアレンジ

 

【画像】

火傷するほど熱い芝居への思い滾る座長・紀州屋良五郎