紀州屋良五郎の大衆演劇・上方芸能 通信 はてな版

大衆演劇については全国の劇場や公演場所に出かけ、その地での公演の所感・演出効果・劇団の印象を綴ります。さらに大道芸や上方落語、講談、音頭、漫才、見世物、大道芸、放浪芸、映画評についても思いつくままに書き留めてまいります。 末永くのおつきあいをよろしくお願いいたします。

▩ 映画『なれのはて』を見た

〇 まいどおおきに〜ドキュメンタリー映画メモでおます

 

なれのはて

2021年 / 日本 / 120分 / ブライトホース・フィルム 配給 

監督/撮影/編集粂田 剛

出演嶋村 正、安岡 一生、谷口 俊比古、平山 敏春

音楽高岡 大祐

公式サイトhttps://nareno-hate.com/

喧騒と熱気渦巻く生温かいカオス、フィリピンのスラムへようこそ 帰国することを諦めた日本人男性たち―“困窮邦人”と呼ばれる男たちの生活を7年間追い続けたドキュメンタリー!

 

マニラの貧困地区、路地の奥にひっそりと住む高齢の日本人男性たち。「困窮邦人」と呼ばれる彼らは、まわりの人の助けを借りながら、僅かな日銭を稼ぎ、細々と毎日を過ごしている。警察官、暴力団員、証券会社員、トラック運転手…かつては日本で職に就き、家族がいるのにも関わらず、何らかの理由で帰国しないまま、そこで人生の最後となるであろう日々を送っている。 本作は、この地で寄る辺なく暮らす4人の老人男性の姿を、実に7年間の歳月をかけて追ったドキュメンタリーだ。半身が不自由になり、近隣の人々の助けを借りてリハビリする男、連れ添った現地妻とささやかながら仲睦まじい生活を送る男、便所掃除をして軒下に居候している男、最も稼げないジープの呼び込みでフィリピンの家族を支える男…。カメラは、彼らの日常、そしてそのまわりの人々の姿を淡々と捉えていく

 

 

 

 

◯ 私の見たまま、感じたまま ◯

 

まさにタイトルの示すとおりの映画だ。自業自得の生き方が招いた老後、しかも異国の貧困街で暮らす人達を描いている。なぜか、喜楽でありのままを受け入れ、子どもや若い世代も混じり合い、まさに昭和30年代の日本の原風景に見えてくる。あの、みんなが等しく貧しかった時代に戻った気分だ。

 

日本で少々成功者として生きてきて、ちょっとした歯車の狂いからマニラにたどり着いた男達の物語だ。実に七年にも亘って丁寧に、やさしく、配慮しながら人の晩年を追っていく。監督の気遣いと優しさが随所に満ちている。ヤクザがいて、証券マンがいて、愛した家族を捨ててマニラで極貧の暮らしを楽しんでいきているように見える。

 

どう生きたって人の命には限りがある。後悔しない生き方なんぞあるわけがない。手探りであがきながら生きてきていつかは朽ち果てる。それは、日本にいても同じだが、より悲惨に見えるのは共同体といえるものがなくなってしまった現代日本には孤立と孤独が渦巻いていてより悲惨に見えるからだろう。

 

いちばん、印象に残ったのは郷愁に駆られ日本に戻ったとき、すっかり今の日本が変わっていて自分が安らかに暮らせる場所がないと感じるところだ。

 

このマニラの貧困地区のようなコミュニティはたしかにもう日本にはない。あるのは、それよりももっと深い孤立と孤独の闇だ。

 

人との繋がりまでもが分断され、いつの間にか高齢者にとって最も過ごしにくい国になったのかもしれない。

 

外国から見える日本が本当の日本なら、それに気づかず生きる私たちは夢をさまよう亡者に違いない。

▩ 映画『クナシリ』を見た

〇 まいどおおきに〜ドキュメンタリー映画メモでおます

 

 

 

クナシリ

2019年 / フランス / 74分 / アンプラグド 配給 

監督・脚本ウラジーミル・コズロフ

製作デヴィッド・フーシェ

撮影グレブ・テレショフ

公式サイトhttps://kounachir-movie.com/

 

北方領土国後島。 そこはまるで、取り残された島だった北海道からわずか16キロに位置し、かつては四島全体で約17,000人の日本人が生活していたという北方領土。しかし、戦後の1947年から48年にかけて引揚が行われ、今日本人は一人もおらず、日本政府は問題が解決するまで、日本国民に入域を行わないよう要請している。 戦後76年を経て、現在の国後島の様子をありのままに映し出した本作から見えてきたのは、ロシア人島民の厳しい暮らしぶりや日本に対する本音。幼少期に引揚の様子を目の当たりにした島民の当時を振り返る貴重な証言や、日本・ロシア間の平和条約締結への願い、生活苦を訴える切実な声などを、どちらにも 偏ることなく客観的かつ淡々と捉えている。両国の主張が膠着状態のまま政治に翻弄されてきた当事者たちの複雑な心境や実際の生活など、これまで我々が知らされることのなかった国後島の<真実>が明らかとなっている。 旧ソ連(現ベラルーシ)出身で現在はフランスを拠点とするウラジミール・コズロフ監督が、ロシア連邦保安庁の特別許可と国境警察の通行許可を得て撮影にこぎつけた国後島の現在とは。

 

 

〇 わたしの見たまま、感じたまま とても、貴重な映像だ。1946年当時、日本人がどのようなくらしをしていたかがよくわかる。それにしても、戦争は悲惨だ。強制退去で島を追われる際、コップ一つしか持ち出せなかったそうだ。着のみ着のまま追放された。女性は素っ裸にされ検査された。屈辱は戦争の傷跡だ。知床から望める国後島に沢山の人たちが住み漁業をいとなみ賑やかな暮らしがあった。その国後島のロシア人たちの多くはロシアの遠隔地からの入植組だ。日本人が残した漁港、漁法で今も漁をする。高価な蟹、雲丹などは輸出用となり現地の人はくちにすることすらない貧しさだ。いまだに日本の寺院跡があり、日本人墓地が荒廃した中にある。胸が傷む思いだ。交流すらいまだにない。条約も未締結のままだ。日本の課題は尖閣竹島だけでなく北方にも目をもっとむけねばならない。戦争で得をするのは一部の人たちだけだ。庶民にとっては国境すらお荷物だ。

▩ 熱たぎる劇新ワールド 劇団新 オーエス劇場 2021/12/23

〇見てもろておおきに〜久しぶりやんけの観劇メモでおます。

26カ月ぶりの大阪、しかもディープな場所。この時期、60人超えは凄い。

 

〇東京演劇協会所属の劇団がのるのはまれだが大阪のファンもぐっと増えてきた。

 

〇昼夜外題替えで挑む心意気は大衆演劇の炎

 

〇群を抜く演出、冴え渡る舞踊と巧みな芝居

 

 劇場で久しぶりにハンチョウ聞いた。「座長!」ええなあ。ハンチョウ飛び交う時代よはやくこい!送り出しと触れ合いが大衆演劇の魂だから‥

 

メンバー  (雑誌カンゲキ準拠)

座長 龍新

若座長 龍錦

花形 小龍優

秋よう子

千明あず美

新葵衣

龍葵衣

後見 龍児

ほか

 

劇場戸田

戸田ゆかり

戸田凜

戸田ゆうた

戸田ももみ

 

☆ 劇団新スケジュール

20221  島田蓬莱座

 

芝居「若き日の唐犬権兵衛」 

 

町奴・唐犬権兵衛の恋女房・お蝶に、旗本・青山主膳が横恋慕し、湯島天神に呼び出すところから始まる。

 

亡き長兵衛から「くれぐれも旗本とはもめ事をおこさないように」と遺言されている権兵衛、主膳に額を割られても辛抱しているうち、子分・仙太はおろか、お蝶にまで「離縁」される始末〜以下は略させてもらう

 

*幕前、花道での芝居演出は中々の妙味と味わい増す。これも芝居へのこだわりが為せる技。

 

*金で転び、力に靡くおんなは多いが、そんなのは令和のお話。まことの女は一途に生き、人を見込んだ男たちも情の楔はつらぬくもの。

 

 

舞台口上   (龍錦、小龍優)

・今夜の芝居は深夜に座長が書き上げた。 

座長が作った新作芝居は「下北の鬼太郎?」

 

グランドショー 

・変化に富む舞踊構成。

太夫元・龍児の歌と声量はプロ歌手並み

 

ラストショー「唐獅子牡丹」

🐾

 

【画像】

 

どの地でも芝居の質が客を呼ぶこれはコロナ禍でよりハッキリした事実だ・紀州屋良五郎

 

 

せっかくの関西なのに一度しか見れなかったことが残念でならない。

▩ 春陽座 梅南座 2021/11/25

☆ 見てもろておおきに〜まいどおなじみの観劇メモでおます。

 

☆ 今月、夜の部、17 開始  

★ 入場料金  1500   前売り券  1200

 

☆ 春陽座結成時に載ってから15年ぶりの梅南座公演。25日、現在大入り29枚。

 

★ 毎日、大入が続く

☆ 本日は千円Day

 

☆ 南座スケジュール

12  嵐山瞳太郎劇団

01  嵐山瞳太郎劇団

 

☆ 春陽座 スケジュール

12  大江戸温泉ニュー塩原 関西は来年2022年3月奈良を皮切りに以降は未定

 

メンバー  

劇団責任者 澤村新吾

二代目座長 澤村心

澤村京弥

澤村煌馬  

澤村優夢(ゆず)  

澤村かな

澤村美樹

澤村みらい

澤村姫々

澤村愛夢(あんず)

 

  

 

ゲスト・咲良綺蝶二

 

顔見せミニショーはなし

 

〇芝居『渡り鳥破れつばさ』

・主演・咲良綺蝶二

・人斬り凜藤仁兵衛の物語

 

*若手が活躍する新世代の春陽座の舞台だ

 

澤村心‥凜藤の仁兵衛

咲良綺蝶二‥政吉

澤村煌馬‥川向一家子分

澤村京弥‥川向一家親分

澤村優夢‥旅人

澤村かな‥梅香

澤村愛夢‥女将

ほか

 

【あらすじ】

 

藤家藤兵衛を斬った川向一家の若い者が人斬り仁兵衛に仇をうたれる。訳を聞くと親孝行のために斬ったという。末を誓った女がいて、親にあわせたいが身受けのカネが必要だった。

 

信州小諸が在所という若者、父母は甚平とお浜と聞いた仁兵衛。その一言で逃がしてやる。

そこに現れた政、なぜ、仇を打たなかったと仁兵衛を責める。

 

川向一家に帰ってきた旅人。藤兵衛の始末はつけたと30両のカネが渡る。縄張りは手に入ったと悦に入る川向一家親分。そこへ、仇討ちにきた政吉。やったのは旅人と逃げる川向一家親分。

  

旅人ね後を追う政吉‥

旅人は願い通り梅香を身受けしたが、川向一家一行が追ってきた。そこに、割って入ったのは

人斬り仁兵衛。旅人を匿い、川向一家の始末をつける。

 

腑に落ちないのは藤家藤兵衛一家の政吉。なぜだと人斬り仁兵衛に問い詰める。

 

語り始める仁兵衛‥じつはあの若い旅人はわしの息子なんだ。頭を下げて頼む。息子の代わりにわしの命をとってくれと。

 

人の情けにふれた政吉は刃を収め、息子と再会し、親子の名乗りはせず万感の思いで息子と身受けした女を送る。それというのもヤクザの親ではと諭されて子の無い夫婦に預けた経緯があったからだ。

 

 息子が去ったあとも、息子の履いていたわらじを眺め、懐に入れる老境の人斬り。座長の演じる老境の人斬りは実に渋い芝居になっている。

 

 人の世は、「情け」、日本の心は「大衆演劇の芝居の世界」に今も生き続けている。

 

 

〇劇団口上   澤村心座長

・スケジュール紹介

・前売り券&グッズ

 

〇グランドショー  

祭りばやし〜

※ラストショー「矢切の渡し

 

【画像】

春陽座の芝居には味と演出の細かさ、そして、余韻がある・紀州屋良五郎

 

 

▩ 映画『我が心の香港』を見た

〇 まいどおおきに映画メモでおます~ドキュメンタリー映画でおます

我が心の香港 映画監督アン・ホイ

2020年 / 香港 / 119分 / パンドラ 配給

監督マン・リムチョン

音楽大友良英

出演アン・ホイ、ナンサン・シー、ツイ・ハークホウ・シャオシェンジャ・ジャンクー

公式サイトhttp://www.pan-dora.co.jp/kokoro_hongkong/

香港の現在とこれまで そして これからも香港のために映画を撮り続ける
「客途秋恨」「女人、四十。」など幅広いジャンルで数々の作品を手がけた香港映画の巨匠アン・ホイの映画人生を追ったドキュメンタリー。1947年、中国人の父、日本人の母のもと中国に生まれたホイは、52年に家族で香港に移住。80年代以降、ツイ・ハークやパトリック・タムらとともに、香港ニューウェーブの旗手と称された彼女は、香港映画の発展に大きな貢献を果たしてきた。日本人の母との慎ましやかな日常生活、香港への思い、女性としての生き様、エネルギッシュな撮影風景、そしてシルビア・チャンアンディ・ラウホウ・シャオシェンフルーツ・チャンなど香港、台湾、中国映画界の重鎮たちの証言から、アン・ホイの実像に迫っていく。監督は「君のいた永遠(とき)」で美術監督、衣装デザイナーを務め、本作が初監督作品となるマン・リムチョン。アン・ホイ監督作品「女人、四十。」で音楽を手がけた大友良英が音楽を担当。

 

 

 

◯ 私が見たまま・感じたまま ◯

アンホイ監督の映画はそんなに多くを見たわけではない。

 

このドキュメンタリー映画に引かれた訳はただ一つ、香港への中央政府からの圧力が増す今、メディアは映画、文化はどういう受け止めをしてどういう抵抗をし続けているのか。そのきっかけがしれたらと云う動機だった。

 

見終わって、心に響いたのは、体制がどうあれその中で人は自己実現のため・ありとあらゆる手立てを講じて生き抜く、それも、極めて明るく限られた命を大切に大切に育むように輝いて生きる。

 

そんなアンホイ監督の生き様に生きる活力を見た。窮屈な時代にひょうひょうと、しなやかに生きる。

うーん。難しいことだが複雑な歴史を刻んできた香港人のたくましさを今生きる日本の私たちは学ばねばならない。

▩ 春陽座 梅南座 2021/11/17

☆ 見てもろておおきに〜まいどおなじみの観劇メモでおます。

 

☆ 今月、夜の部、17 開始  

★ 入場料金  1500   前売り券  1200

 

☆ 春陽座結成時に載ってから15年ぶりの梅南座公演。

 

★ 毎日、大入が続く

☆ 本日は千円Day

 

☆ 南座スケジュール

12  嵐山瞳太郎劇団

01  嵐山瞳太郎劇団

 

☆ 春陽座 スケジュール

12  大江戸温泉ニュー塩原

 

メンバー  

劇団責任者 澤村新吾

二代目座長 澤村心

澤村京弥

澤村煌馬  

澤村優夢(ゆず)  

澤村かな

澤村美樹

澤村みらい

澤村姫々

澤村愛夢(あんず)

 

  

 

顔見せミニショーはなし

 

〇芝居『妹の縁談』

・主演  座長・澤村心

・子役‥おきみ  澤村姫々

 

*若手が活躍する新世代の春陽座の舞台だ

 

澤村心‥かご屋の馬吉

澤村煌馬‥さかい屋の番頭

澤村京弥‥さかい屋主幸太郎

澤村優夢‥さかい屋の若旦那

澤村かな‥かご屋の娘おみつ

澤村姫々‥おきみ

ほか

 

【あらすじ】

 

長屋にくらす兄妹のはなし

 

ある雨の日、ふとしたきっかけで出会ったかご屋の娘に恋をした若旦那。

 

長屋で飯を食べるおきみ兄妹。今日は給金日。

 

*抜群の台詞回し、澤村姫々の将来がたのしみ。

娘を見初めた若旦那、おもいあまって、長屋までやってきた。度胸のない若旦那は幇間に縁談を切り出してくれとたのむ。はなしをまとめてくれたら小店一軒もらえると幇間は小躍りする。

 

身支度をするおきみに嫁になる心得を諭し、どんなつらい事があっても耐えるんやと話す。

兄があって今のわたしがある。どうか、兄妹の縁を切るなんていわんといてと泣きながら頼むのであった。

 

ところが事のはじまりは娘おみつと娘おきみと間違えてしまったから大変な事に。

 

聞いていた大旦那の登場で芝居はハッピーエンドの大展開となる。

 

 喜劇タッチで見せ場をつくる。泣かせ笑わす一級品の作品で、アドリブも冴える。若手の頑張りがあるかぎり春陽座の未来は明るい。

 

姫々、煌馬、優夢の真剣勝負の舞台は芝居の伝統が確かに伝えられている証だ。

 

 

〇劇団口上   澤村心座長

 

・スケジュール紹介

・前売り券&グッズ

 

〇グランドショー  

 

※ラストショー

 

【画像】

春陽座は若き人材が育っている。煌めく未来と可能性を感じさせる舞台を見るのは楽しい・紀州屋良五郎

 

▩ 劇団松丸家 オーエス劇場 2021/11/15

〇見てもろておおきに〜まいどおなじみの観劇メモでおます。

メンバー

座長  松丸家小弁太  

副座長 咲田せいじろう

松丸家美寿々   

松丸家こもも   

松丸家ちょうちょ

松丸家りへいどん

松丸家あ~ちゃん

 

【劇団スケジュール】

12 四日市・ユーユー会館

2022

01  大阪・千鳥劇場

02  和歌山・夢芝居

 

【オーエス劇場のスケジュール】

12  劇団新

 

顔見せミニショーはなし

 

芝居「幻の八九三(やくざ)

 

(あらすじ)

 

配役

馬篭の伊三郎‥松丸家小弁太

伊三郎の父‥松丸家こもも

伊三郎の弟・伊之助‥松丸家ちょうちょ

 

立場一家

親分の権助‥龍太

ほか

茶店の娘おみつ‥松丸家美寿々

目明しの稲荷の平次典‥咲田せいじろう

 

(立場宿の茶店)

みかじめ料の取立に来た権助親分達。

来月から倍にと言う権助親分に、母も病がちで、今まで通りでと頼むも冷たくあしらわれる。

 

そこへ、「権助親分の身内になりたい。」と伊之助がやって来る。

 

権助親分は、十両の金を持って来たら、身内にしてやる。と言う。十両あったら、やくざになれるかと呟く伊之助に、おみつは叱咤するが、聞く耳持たず帰って行く伊之助。

 

旅人がやって来て、お茶を二つ頼む。いぶしがるおみつに、もう一人来るから。と言う旅人。

 

茶店の前を、足早に通り過ぎようとする男に、「お前さん、馬篭の伊三郎さんだね。」と言って、呼び止める旅人。

 

旅人は、江戸の目明しの稲荷の平次と名乗る。

平次は、地元のやくざと結託し悪事を働く韮山の代官を調べにやって来ていた。

 

「俺と同じ旅籠屋に泊まり、俺がおめえの話し相手になってやる。」と言う平次だがその話を断ると、おみつを呼び、とっつぁんは元気か?と尋ねる伊三郎。

 

おみつは、伊之助がやくざになりたいと言って、権助親分の身内にして欲しいと頼み込んでいる事を告げ、伊三郎には、家には帰らない方がいいと言う。

 

話を聞いた伊三郎が茶店を後にしようとした時、困っているなら、俺が手を貸してやろうかと言う平次。

 

(兄弟の父の営む居酒屋)

父親の許へ帰り、孝行もせず旅に出たままを詫びる伊三郎に、お前は詫びる様な事は何もしておらん。だが、何も言わずに、このまま旅に出てくれないかと頼む父親。

 

おみつから、伊之助の話を聞いていた伊三郎は、折角、ここまでやって来たからおっかさんの位牌に手を合わせたいと言う伊三郎。

 

伊三郎と父親が、奥へ行ったところへ、「とっつぁん、金くんなぁ。十両くれ。」と言い伊之助が帰って来る。

 

お金はあるはずがない。勝手に探してこいと言う父親。

「あった!あった!」と財布を握りしめて出て来た伊之助。

 

伊三郎が、母親の位牌に供えた十両だった。

十両を持って出て行こうとする伊之助の前に立ちはだかった平次は、「この俺はやくざなんだぞ。やくざは強えんだぞ。」と抵抗する伊之助から十両を取り返し、父親に戻す。

 

そこへ、奥から出て来た伊三郎は、伊之助の奴は、俺が必ず連れ戻してやると伊之助の後を追う。

 

(街道)

やって来た伊之助に、金は出来たのか?と聞く権助親分。

 

十両は一旦は手にしたが、持って来る事が出来なかった。」と答える伊之助に、権助親分は、「伊三郎が帰っているはずだ。代わりに、伊三郎をここに連れて来い。と言う。 

 

間髪をいれず、そこへ、伊三郎が現れる。

この俺の渡世の身内になる気はないかと伊三郎に尋ねられ、頷く伊之助。

 

伊三郎は、権助親分たちを斬る。

権助たちもいなくなったし、ここに、伊三郎・伊之助兄弟一家を構える気はないかと伊之助に言う伊三郎。

 

そこへ、目明しの平次が現れ、いとも簡単に、伊三郎をお縄にしてしまう。

 

死罪、晒首は免れない。と平次に言われ、「助けてくれ。俺は死にたくない。助けてくれよ伊之。俺と代わってくれよ。俺はまだ死ぬのは嫌だ。俺の代わりに死んでくれよ。」と伊之助に哀願する伊三郎だが、平次に引かれて行く。

 

一人残された伊之助の許へ、父親がやって来て、伊三郎に会ったかと尋ねる。

 

兄ちゃんなんか見ちゃいないよ。やくざって馬鹿だよな。やくざは弱いよな。おいらはやくざは嫌いだ。やくざなんか大嫌えだと号泣する伊之助。

 

伊之助の気持ちが変わったのは、伊三郎のお陰と気付いた父親は、姿の見えない伊三郎に、伊三郎、何も言わぬ。この通りだと手を合わせ礼を言う。

 

二人が去った後、伊三郎と平次が現れる。

伊三郎に行く当てを尋ねる平次。

「弟にとって、やくざは幻だったんだ。この馬篭の伊三郎も幻。幻の身には行く当てなんかない。」と答える伊三郎。

 

 かわいい弟を改心させるため渾身からヤクザの業を示し、立ち直らせる兄。兄弟愛が滲む任侠芝居は人の情けをじーんと伝える名作だ。

 

 

口上挨拶   座長 松丸家小弁太

・前売り券&グッズ販売

・演目スケジュールの紹介

 

舞踊ショー  

 

ラスト    いっぽん釣り

 

【画像】

芝居よし、舞踊よし、歌唱よし三方よしな総合力は都若丸に並ぶ劇団・紀州屋良五郎