紀州屋良五郎の大衆演劇・上方芸能 通信 はてな版

大衆演劇については全国の劇場や公演場所に出かけ、その地での公演の所感・演出効果・劇団の印象を綴ります。さらに大道芸や上方落語、講談、音頭、漫才、見世物、大道芸、放浪芸、映画評についても思いつくままに書き留めてまいります。 末永くのおつきあいをよろしくお願いいたします。

▩ 笑いの沼・飛龍の紺屋高尾 近江飛龍劇団 シアターYOROKOBI 2022/05/28

見てもろておおきに〜まいどおなじみの観劇メモでおます  

不動倭座長がオーナーのシアター YOROKOBIでの近江飛龍特別公演

 

 

この劇場にもできるだけ早く来たかったがやっと来れた。

 

 

通常は賀美座の常設上演劇場

 

メンバー

近江春之介

近江大輔

近江明日香 

浪花あやめ

柚姫将

綾乃凜笑

‥‥‥‥‥‥‥

近江飛龍

笑川美佳

浪花三之介

 

 特別出演(舞踊ショー)

賀美座 座長   不動倭

 

 

芝居 「紺屋高尾」

原題は古典落語

ご参考に

 

   

 

配役

・近江飛龍‥謎の外人医者、謎の女中、謎の座高市、鼻欠けおかつ  (座長のひとり4)

・近江明日香‥店のもの

・近江春之介‥花魁・三浦屋の高尾

・近江大輔‥叔父さん

・笑川美佳‥久蔵

・浪花三之介‥染物屋主人

・柚姫将‥紺屋職人

・綾乃凜笑‥店のもの

 

あらすじ 簡略

 

花魁高尾に恋の病、久蔵は伏せて寝ている。

外人医者もさじなげる。主人の勧めで一年間、遮二無二働いて高尾に逢いに行くことになった。身分を木場の大臣となのり‥高雄に会いに行く…さてさて、顛末やいかに

 

喜劇版紺屋高尾 近江飛龍の喜劇の名作  おなじみの狂言

飛龍がやればそこはすべてが独創的な喜劇の世界 

この笑いの沼にはまると容易に抜け出せなくなる

 

 熱演の85

 

*********************

 

特選舞踊ショー

 

・ラストショー  

     それは恋

【画像】

近江飛龍劇団の特別公演は今年は各所でおこなわれる要チェックだ・紀州屋良五郎

image

 

 このシアター YOROKOBIは舞台、照明など最高の設備を備えた近代的な劇場だ。大衆演劇の劇場としてもおそらく日本随一だろう。夜は舞踊ショーを公演するパブシアターとなる。

 

大衆演劇のイメージを一新するこれからの空間といえる。新興演劇の名にこだわる不動倭らしい。また、立地もいい。新大阪から間近で全国からの集客にも最適。

貸しホールとしての対応もあるとか、詳しくは劇場まで。