紀州屋良五郎の大衆演劇・上方芸能 通信 はてな版

大衆演劇については全国の劇場や公演場所に出かけ、その地での公演の所感・演出効果・劇団の印象を綴ります。さらに大道芸や上方落語、講談、音頭、漫才、見世物、大道芸、放浪芸、映画評についても思いつくままに書き留めてまいります。 末永くのおつきあいをよろしくお願いいたします。

▩ 大衆演劇・笑いの天才はここにいる 近江飛龍劇団ジャック公演 鈴成り座

〇見てもろておおきに〜まいどおなじみの観劇メモでおます

 

大入り満員

 

しかも本日の公演はYouTubeで同時配信いたしておりますと‥応に画期的!

 

芝居も含めて全て写真O.K.ショーは写真+動画撮影もO.K.ですと開口一番の座長アナウンス 

 



〇大御所・近江飛龍劇団の新発想の舞台ジャック公演

 

 

〇新発想ジャック公演とは、新しい公演のかたち。一ヶ月公演が常態の業界で一日だけ別の劇団が割り込み公演をする形で劇団座長間の信頼、小屋、興業主の良好な関係がないと至難な業だ。やはり、業界の異端児近江飛龍による前代未聞の仕掛けだな。この劇場で一ヶ月公演中は賀美座。入り口の幟も変えるつもりだったそうだが時間がなかったらしい

 

 場内では昨日までの賀美座のタペストリー等を全て撤去し、本日一日だけの公演のためにすべて近江飛龍のタペストリーが準備がされている。大変だろうな

 

 

 来月は近江飛龍劇団と松竹芸能のコラボが伝統の道頓堀、笑いの殿堂・心斎橋角座で開催される。

 

*大阪には笑いのプロダクションとして「吉本興業」「松竹芸能」「和光プロ」「ケーエープロ」等がある。笑福亭鶴瓶笑福亭鶴光松竹芸能。かつての藤山寬美、ミヤコ蝶々も所属していた。

 

🔺近江飛龍&笑川美佳の夫婦漫才が見れたらいいな

 

 

〇 ラジオ出演(水曜日)の予定もある ラジオ大阪hanashikaの時間

 

 
〇お座敷歌舞伎も始まった

 

〇 奈良100年会館での歌手とのコラボ

企画は全て近江飛龍さんが社長を務める(株)ジーアイ・エンターテイメント
プロダクション事業も軌道に載っている

 

 

〇本日は特別公演なので料金も3000円ながら既に昼夜とも完売となっている。満員盛況、昼夜外題替え

 

〇 10月、11月の鈴成り座の公演予定

10月初乗り・劇団錦 11月劇団花組むらさき

◯近江飛龍劇団オープニングテーマ曲『夢桜』(劇団新幹線・阿修羅城の…)

 

メンバー

座長 近江飛龍

副座長 近江春之介

近江大輔

近江明日香 

浪花あやめ

柚姫将

綾乃凛笑

笑川美佳

浪花三之介

 

★ 芝居 「男吉良常」  

(あらすじ)

配役

・近江飛龍‥吉良常

・近江春之介‥下足番

・浪花三之介‥竜神一家親分

・笑川美佳‥竜神一家娘

・近江明日香‥ステッキ松一家

・近江大輔‥伊佐蔵

・近江明日香‥ステッキ松一家

・柚姫将‥ステッキ松一家親分

ほか

  

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 【芝居画像つき】

(感じたまま)

・吉良常と娘の祝言の日

龍神一家の娘が伊佐蔵と逃げる。二人は好きあっていた。

・伊佐蔵は龍神一家の娘と世帯をもつ、そこに現れた吉良常。一旦は始末しようと思うが思いを抑え二人を許す。

・その後、ステッキ松一家親分一行が訪ねてきて面帖に無理やり判を押させる。それを知った伊佐蔵は一家に殴り込む。事情を知った吉良常は加勢の為、修羅場へと向かう。

・二代目を伊佐蔵に譲り旅に出ることを龍神一家親分に願い出る。

・ラストは中々のひねりが入った演出。

・男修行の一人旅に旅立つ吉良常に取りすがり連れて行ってくれと願う下足番。

・『一家の値打ちは下足の並べ方で決まるんだ‥』待ってくれ‥‥兄貴!

説得され、懐から温めた吉良常の下駄を差し出す所は胸に迫るものがある。

 

*笑いとアドリブは近江飛龍・笑川美佳が巧みにつくる。大きな笑いが幾重にも広がり爆笑が包む。 

 

*笑いにかけては日本トップの近江飛龍劇団だ。更に、新発想と鋭いアドリブのセンスは他の追随を許さない。座長200%の大奮闘だ。

 

☆ 口上挨拶   近江飛龍劇団 座長 近江飛龍

座長コメント(要旨)

 

賀美座の若手が裏でサポートしてくれています。うれしい限りです。うちの劇団がこういう1ヶ月公演をやらなくなって2年がたちます。

 

いつも、文化会館とか市民会館などの大きいところばっかりでやらしてもらっています。逢う役者さんからは飛龍座長うまいこと逃げたねとか言われます。

 

コロナ禍になって京橋羅い舞座で予定していた1ヶ月公演も6日目に中止になってしまいました。しかし、前向きに楽しめるときに思い切りたのしみましょう。そうでないときは自粛して、皆さまにとりましても客席を見渡しましても残り少ない人生(笑い)。

 

明日からはここで不動倭くんが千秋楽まで頑張っています。よろしくお願いします。

10月は松竹芸能とのコラボでやります。大衆演劇の中で角座にのる劇団は初めてとなります。そのうち松竹座で鶴瓶さんをゲストに迎えてやれたらいいなと思っています。

 

YouTubeとかイチナナライブとか発信していまして皆さまには多く見ていただいています。スマホごしにお会いする機会は増えています。こうやってお会いしていましても久しぶりに会ったという感じがしないかもしれません。でも、いうたら悪いけど僕は久しぶりやからね。(笑い)あんた達はしょつちゅうみてるかもしらんけど…僕は皆さん方の顔を久しぶりに見ましたからね、、変わってないなという人から、老けたなという人まで…笑い

 

ひるのお芝居は男の友情を描いたお芝居、夜は外題をかえまして妖艶な女のお芝居でたくさんの雪を降らせます楽しみにご覧いただきたいと思います。本日のこの舞台の様子は日本だけではなく台湾、ニュージーランドまで配信いたしております。

 

ほんまやで舞台袖にカメラがありますねん。コロナがなかったらこんなことしませんよ…こういう時なんでまた、夜帰ったらうちでも見てください。

 

さ、今から化粧替えの時間です。昔はそうでもなかったんですが、最近、化粧替えに若干時間がかかるようになりました。(笑い)近頃は吊るところでは吊る塗る所は塗り込んで…あと2年半で座長になって30周年がやってきます。

 

もう、気がついたらこの業界の古株になってきました。……それでは第二部の舞踊歌謡ショウをお楽しみください。しばらくの間、休憩を頂きます。(文責・良五郎)

 

舞踊ショー

 

【画像】

 

 

 

*近江明日香さん22才のバースデーを祝う

自由奔放B型座長はどんな場所も大舞台に変えてしまうマジシャンだ・紀州屋良五郎

 

 

【引用 SPACE  掲載記事の一部より】

柚姫さんについて

 

 柚姫将副座長、冴刃竜也副座長、千咲大介座長(劇団千咲)。劇団KAZUMAを支える三人衆は花盛り!9月に訪れた平針東海健康センターで、幸運にも3人同時にお話を伺うことができた。

 

それぞれ、もう長い役者生活を送ってらっしゃいますね。

柚姫将副座長(以下、将) 自分の初舞台は19歳で、最初から劇団KAZUMAだけです。一馬座長が一回役者を辞めてるときに、保険会社で働いてて、保険会社の上司がうちの近所の人だったんですよ。で、座長が旗揚げするために役者に戻るていうときに、その人を誘ったんです。旗揚げにはやっぱり人数が要るんで、他に誰かいませんか?ってことになって、紹介されたのが俺です。座長とその人がうちに来て。で色々話をして、入るようになったんですね……