紀州屋良五郎の大衆演劇・上方芸能 通信 はてな版

大衆演劇については全国の劇場や公演場所に出かけ、その地での公演の所感・演出効果・劇団の印象を綴ります。さらに大道芸や上方落語、講談、音頭、漫才、見世物、大道芸、放浪芸、映画評についても思いつくままに書き留めてまいります。 末永くのおつきあいをよろしくお願いいたします。

▩ 映画『科捜研の女 -劇場版-』を見た

◉ まいどおおきに〜映画メモでおます

 

【予告編】

 


 


 

 

STORY

京都、ロンドン、トロントなどで、科学者が高所から次々と飛び降りる連続変死事件が起きる。犯罪であることを裏付ける物的証拠が出てこないために自殺として処理されそうになるが、京都府科学捜査研究所の榊マリコ沢口靖子)と捜査一課の土門薫刑事(内藤剛志)、解剖医の風丘早月教授(若村麻由美)らは事件だとにらみ、独自に調べを進めていく。やがて捜査線上に、未知の細菌を発見して国際的注目を浴びた天才科学者・加賀野亘(佐々木蔵之介)が浮上する。だが、彼には確かなアリバイがあった。

キャスト

沢口靖子内藤剛志佐々木蔵之介若村麻由美風間トオル金田明夫斉藤暁西田健渡部秀山本ひかる石井一彰佐津川愛美、マギー、宮川一朗太片岡礼子阪田マサノブ中村靖日駒井蓮、水島麻理奈、渡辺いっけい小野武彦戸田菜穂田中健野村宏伸山崎一長田成哉奥田恵梨華、崎本大海

スタッフ

監督:兼崎涼介
脚本:櫻井武晴
音楽:川井憲次

上映時間
108分
 

◉ 私の見たまま、感じたまま ◉

 

このドラマTVで20年以上続いている。しかし、私は見たことがなかった。

沢口靖子が嫌いとかいうのではないが、なぜか警察ものに興味が湧かなかっただけだ。

 

劇場版が出来たというきっかけで見ることにした。知人が出演しているということも大きなきっかけだ。

 

今や、警察はサイバー部門、科学捜査部門が主要部を占めるようになっている。

もう10数年前になるがある大学院生から就職の話をきいた。

彼は大阪府警のサイバー部門を第一志望にしていた。以前なら考えられないことだ。

 

警察も防衛もこれからはテクノロジーとロボット、サイエンスの時代だ。

映画のシーンにも出てくるがあらゆる所に監視カメラが置かれ、一人一人が監視の網の目から逃れることは出来ない。

 

防御も攻撃も防犯も遠隔操作で対応できる範囲も広まった。

パトカーも自動運転ができ、ドローンで捜査もできる。

もう一歩時代が進めば取調べも嘘発見機センサーを装備した取調べロボット登場するだろう。

 

罪を犯した人のデーターは塩粒ほどのチップが身体に埋め込まれ刑務所もコンピューターで監視される。そんな事を考えながら見ていると非常にまだまだ人間的なドラマだなと思ってしまう。

 

今回の映画では細菌学の研究者が題材になっていておもしろい。コロナ騒ぎの中でそれを見るのも一興だ。痩せる腸内細菌を開発中に脳内圧が膨張したり、血小板が減少する事態が起きる。いくつもの事例が世界で多発。苦悶しながらタミフルの副反応のように高所から転落死する。その謎を解明するため榊マリ子が奮闘する。

 

イムリーな筋立てでおもしろい。ワクチン接種後の突然死がテーマなら

もっと興味を引いただろう。が、小さな映画館で秘密に上映されることになる。

 

高市早苗が総理になればそんな映画を作っただけで国家転覆罪に問われることになりそうだ。

くわばら、くわばら。